コラム

駅近物件

 

愛住企画の「不動産コラム」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日のテーマは「駅近物件の選び方」についてです。

アクセスの利便性が高く、通勤や通学も楽に…。

人気の駅近物件ですが、物件選びの際にいくつか注意したいポイントがあります。

今回はその注意点、そして解決策を3点ご紹介致しますので、

「駅近」を物件探しの条件とされている方は一つの参考にしてみてください。

 

注意点① 駅周辺の騒音

駅からの距離が近いということは、当然線路に近く、電車の走る音や踏切の音が聞こえやすいということになります。朝早くから走る電車、一日に何十本も走る駅周辺の物件では音に敏感な人は音に悩まされるかもしれません。

解決策 【騒音が聞こえにくい距離の物件を選ぶ】

駅から徒歩1分~5分以内の物件は電車や踏切の音、駅周辺の騒音が聞こえやすいので、騒音が聞こえにくい距離の物件を選びましょう。

 

注意点② 人通りが多く不審者に気づきにくい

駅周辺は常に多くの人々が行き交っており、周辺には商店街や繁華街が形成されていることも多く、人通りが少ない場所も不安ですが、人通りが多くても不審者が紛れてしまうので防犯上の不安があります。

解決策 【商店街や繁華街と反対方向にある物件を選ぶ】

片側のみ発展している駅なら、繁華街と反対方向にある物件を探してみましょう。反対方向が住宅街である場合や、商業施設がなければ、繁華街ほど騒がしくありません。人の目があるから大丈夫だろうと油断してしまいがちですが、どんな立地でも防犯意識は高く持つことが必要です。

 

注意点③ 入居後、周りに高いビルが建つことも

入居時には周りに高い建物はなく、日当りがよかったものの、駅前の開発で高いビルが建ち、日当たりの悪いマンションになってしまうなど、駅周辺が再開発中であれば、こうした事態は十分起こりえます。

解決策 【周辺に空き地が多い物件は避ける】

周辺に空き地が多く日当たりが良さそうな物件も、一等地である駅前は、空き地でも買い手がつき、ビルやマンションが建てられることが考えられます。周辺に空き地がなく、開発の予定がない立地の方が安心です。

 

以上が、「駅近物件の選び方」の注意点、そして一つの解決策となります。

駅近物件もメリットとデメリットの両方があり、選び方次第で快適さが全然違ってきます。駅から距離が近いというメリットだけに目を向けず、気を付けたい注意点にも目を向け、ご自身に合った物件選びをしていただければと思います。

お問い合わせ