コラム

保証人・家賃保証会社

保証人・家賃保証会社

 

愛住企画の「不動産コラム」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日のテーマは、「保証人」と「家賃保証会社」についてです。
保証人は何のために必要なのか、家賃保証会社とは何なのか、など
根本部分をお伝えしたいと思います。

 

1. 「保証人」とは?
「家賃の支払いが困難になった万一の場合」を保証するのが「保証人」の役割です。
資金不足以外にも、ケガや病気、働けなくなるなど、思いがけないことが起こる可能性はゼロではありません。しかしながら賃貸物件は月々一定額の賃料を支払い、部屋を借りるという契約であり、それでも賃料は払わなくてはなりません。
考えたくはありませんが、万一の状態に備えて、賃貸契約時には契約者様本人以外の方に保証人になっていただきます。

 

2. 「連帯保証人」とは?
通常、部屋を借りる際の保証人とは「連帯保証人」のことです。
「保証人」も「連帯保証人」も、役割自体は一緒ですが、その違いは責任の重さにあります。例えば、契約者の家賃の支払いが遅れている時に「連帯保証人」へ催促の連絡が入ることがあります。「保証人」であればまず契約者本人に請求するよう主張(催告の抗弁)できますが、連帯保証人はそれができません。また契約者本人が支払いの余力があるにも関わらず支払いを拒否した場合でも、代わりに支払わなくてはいけません。

 

3. 「家賃保証会社」とは?
「家賃の支払いが困難になった万一の場合」を保証する「保証人」に代わるものが「家賃保証会社」です。それぞれ保証会社ごとに一定の審査基準があり、その審査に通って保証料を支払うことで、万一の事態に備える、という手続きになります。
すぐに「連帯保証人」を頼める親族や知人がいればよいですが、本当に何かあった時に迷惑をかけてしまうかもしれないなど不安に思われる方は「家賃保証会社」の利用も一つの方法として考えてみてください。

 

4. どうしても保証人がいない場合
最近では、「連帯保証人」ではなく初めから「家賃保証会社」に加入することが契約の条件になっているケースも増えてきています。大家さんの意向等も関わる所なので、気になる方は契約前によく確認してください。
どうしても「連帯保証人」を立てることが難しい場合は、まずは不動産屋にご相談ください。ご希望に沿った物件を紹介できるように尽力致します。

 

以上が「保証人」と「家賃保証会社」です。
皆様の物件探しのお役に立てば幸いです。

お問い合わせ